MENU

なぜ、朝日米なのか?

自然栽培 朝日米
目次

朝日米は現代品種の「祖先」& 品種改良を受けていない「原種」

明治時代に「うまい米」として人気を二分したのが西日本の (あさひ)と東日本の 亀ノ尾(かめのお)でした。ササニシキやコシヒカリをはじめ、現代のお米のほとんどが、この2品種の子孫にあたります。

当社が自信を持っておすすめする 朝日米(あさひまい)は、この「旭」系で唯一の生き残り品種

「遺伝子組み換え作物」「ゲノム編集食品」「改正種苗法」をはじめとする「食の安全」に関心が集まる昨今、朝日米は人工交配を受けていない昔ながらの品種(在来種)として注目を集めています。

半面、朝日米は「実ったら 倒れて米粒を落とすことで(脱粒)子孫を残そうとする」「遠くまで米粒を運ぶために 背が高くなる」という原種らしい性質をとどめているため、栽培そのものが難しく、収量も上がりにくいのが課題です。気候的にも 岡山県南部 でしか育たず、栽培農家さんも希少です。

以上のことから、朝日米は 幻のお米 と呼ばれています。だからこそ、次世代に 朝日米 を継いでいかなければなりません。

無農薬栽培で雑草を除去するために
八反(はったん)ずり」を行っている
契約農家さん

みなさんが安全&美味しい朝日米で笑顔になっていただくだけでなく、農家さんが安心して朝日米を育てられる環境を整え、次世代にも「朝日米があってよかった」と笑顔になってもらいたい。

そんな笑顔のリレーを、当社は目指しています。

朝日米は大粒で、スッキリと澄んだ味わい

朝日米は 見た目 も 味わいも 現代品種とは違います。

見た目の最大の特徴は「粒」が大きいことです。一般的なコシヒカリと比べると、全長が平均して13%ほど大きめ。炊きあがると粒がしっかり膨らみ、食欲をそそられます。食感も豊かで、噛みしめる楽しみ も大きな品種といえるでしょう。

コシヒカリ(精米)vs朝日米(玄米)
左:コシヒカリ(精米) 右:朝日米(玄米)

朝日米は全長が平均して13%長く、体積は28%大きめ。
朝日米は甘みと旨味のバランスに優れ、冷めても美味しい ことから、
お寿司屋さんや高級料亭にも人気のお米です

もち米と交配させて甘みを強化してきた現代品種に比べると、スッキリと 澄んだ味わい で、ネタの持ち味を引き立ててくれるのも、お寿司屋さんに愛される理由です。タケノコご飯など、旬の野菜と出汁の旨味を活かした 炊き込みご飯 などにも最適なお米です。冷めても美味しいことでも知られています。

もちろん、毎日いただく 日常品種 としても優れています。興味深いことに「朝日米はアレルギーが起きにくい」という研究結果まであります。

高アミロース米の「朝日米」はアレルギーを抑制する

近年はモッチリと甘いお米が好まれますが、「消化力が弱い人」がこうしたお米を食べると 胃もたれ や 胸やけ、アレルギー を起こしやすいと言われています。

実は、お米の「でんぷん」には以下の2種類があって、その割合が食味や代謝に大きな影響を及ぼしているんです。

  • アミロース……構造が単純で、消化しやすく、あっさりした味わい。タイ米(インディカ米・ジャスミンライス)はアミロース100%
  • アミロペクチン……構造が複雑で、消化しにくく、甘くもっちりした味わい。もち米 はアミロペクチン100%。

以下の特徴も知っておくといいでしょう。

  • アミロペクチンの比率が高いと、食後の 血糖値 が上がりやすい。
  • アミロペクチンを消化しきれないと、その未消化物を免疫系が異物とみなし、アレルギー反応 を引き起こす可能性がある。
  • もち米を食べるとヒスタミン(かゆみを誘発)が分泌されるので、アトピー性皮膚炎の方は「お餅」を控えたほうがいい。
  • 母乳育児中のお母さんは、乳腺炎や乳質の低下を予防するために「お餅」を控えたほうがいい。

日本人がもともと食べていたのは「アミロース比率が高い」お米でしたが、もち米と交配させることで「アミロース比率が低い」甘くモッチリとしたお米が作り出され、次第に後者が主流になっていったという歴史的な流れがあります。

こうした 高アミロース米 を代表するのが 朝日米(アミロース比率 21~23%)やササニシキであり、「低アミロース米」を代表するのがコシヒカリ(アミロース比率 15~17%)、あきたこまち、ゆめぴりか、ミルキークィーンです。

なんとなくお米が苦手な方は、人工交配されて甘みが増したお米を消化するのが負担なだけで、昔ながらの消化しやすいお米だったら、美味しくいただけるのかもしれません。

実際に、明治時代の働き手たちは「1日に5合の朝日米を食べていた」と言います。消化にエネルギーを奪われず、すみやかに身体の滋養になったからこそ、これだけの量を食べられたのでしょうね。

近年はアレルギーが社会問題化するにつれて「高アミロース米」に注目が集まっています。毎日いただく物だからこそ、消化に優れ、血糖値の乱高下が起きにくく、アレルギーを起こしにくいお米を選ぶ方が増えているのです。

朝日米にはアンチエイジング効果も

朝日米は消化に優れるだけでなく「アレルギー症状の原因物質ができるのを抑える効果がある」という研究報告があります(岡山県立大・伊東秀之教授&岡山大大学院・杉本幸雄教授・2019年発表)。

朝日米には「血中の抗体量を下げる」だけでなく、「アレルギー反応(この実験ではくしゃみ)を抑制する」効果があったというのです。

これとは別の研究によると、朝日米にはリラックス・安眠・アンチエイジング・鎮痛に効く必須アミノ酸「トリプトファン」が一般銘柄(コシヒカリなど)の2~3倍含まれていることが明らかになっています。

東洋医学(漢方)の観点からすると、もち米(アミロペクチン 100%)には血をネバネバさせる作用があり、炎症(乳腺炎・鼻炎・皮膚炎など)や 痛み(ヒザ痛・腰痛など)がある人、便秘の人、血が滞っている人は「餅・せんべい・もち米を使った和菓子」を控えたほうがいいという指摘もあります。

この点から見ても「高アミロース米」の代表銘柄である 朝日米 は安心。毎日いただく物だからこそ、身体を健やかに保つお米を選択してみてはいかがでしょうか?

朝日米の定期配送はいかがですか?

こうした朝日米を召し上がってみたい方のために「お試し2kg 便」と「定期配送 10kg 便」をご用意しております。

朝日米 定期配送

aimanaがお届けする朝日米は、無農薬・無肥料で育てられているだけでなく、農家さんの顔と想いが見えている 安全・安心 なお米。ご注文をいただいてから、玄米で保管してある朝日米をお好みの状態(玄米・3分づき・5分づき・7分づき)に精米して発送しますので、新鮮なお米を召し上がっていただけます。

定期配送には、aimanaが推奨する「本物の基礎調味料」をセットした仕様もご用意しております。

なぜ朝日米なのか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次